ABOUT NATIONS

『競争市場』は時として劇的な産業発展を遂げるが、勝ち負けがはっきりとする。
日本バスケ界はまだまだ『競争市場』に耐えうるだけの市場環境がない。
『共生市場』としてみんなで協力しあうことが、環境整備の上では重要なのかもしれない。


長きに渡るリーグの分裂問題が収束し、B.LEAGUEが出来てまだ2年程。
クラブチーム経営の難しさ、アリーナ問題、強化育成方針、選手のセカンドキャリアなど課題は山積みである。魔法はなく、一つ一つ愚直に向き合っていく以外に打開策はない。


そんな過渡期な現在(いま)に生まれた一つの思想が『NATIONS』である。


"すべてのバスケットボールファンのためのプラットフォーム"というものの表現方法は、様々な形があって良いというスタンスでNATIONSは運営されている。


「さぁ、バスケを盛り上げよう」


このキーワードがすべてであり、盛り上げられる何かで、自分たちがパフォーマンスを発揮できそうなことは何でもチャレンジしていく。
時にはテクノロジーを活用し、時にはアナログにという柔軟性と、フットワークの軽さはITベンチャー企業ならではだと自負している。


ただ単に賑やかしをしたいわけではない。
競技力としても、ビジネス的にも、日本のバスケが発展していくために必要なものは何なのか?そんな議論を通じて、必要な民意を吸い上げていく役割を担っていきたい。


最近配信し始めたNATIONS TVは、まさにその一つの表現方法。
それこそ、台本なしの討論番組のような形で、どんどん民意を巻き込んだ議論を展開していきたいというのが狙いであり、手探りながらも続けていくことに意義があると思っている。


ファンの過半数が疑問に思っているようなことでも、知らない間にルールやレギュレーションとして決まってしまっている…というようなことはよくある。
もちろん、大人な事情はビジネスにおいては不可欠だが、意見として正しい筋に陳情していくというアクションを、これまでファンが取れてこれなかったのも、また事実。


「誰かにまかせておけば良くなる」


ということではなく、自分たちの手で、少しでも日本のバスケを良くしていこうということが、未来に繋がっていくはず。その手助けを少しでもできればと思っている。


一緒に日本バスケを盛り上げていきましょう。


NATIONS Inc.
MASATAKA "T-man" TAIRA